「やったるぞ、と思いましたね」

 茶褐色の外壁が印象的なホテル「千里の風」(館山市藤原)の支配人、内林慎二さん(48)は、そう振り返る。東京五輪・パラリンピックで、米国トライアスロンチームが事前キャンプの宿泊先として千里の風を選んでくれたと知った時のことだ。

 米国チームが館山市に接触してきたのは昨年一月。大会組織委員会のキャンプガイドや日本のコーチから評判を聞きつけた。水泳、自転車、長距離走の三種目からなるトライアスロンのキャンプには、美しい海が広がり、海岸沿いに長く延びる「房総フラワーライン」を抱えた館山はうってつけの環境。毎年六月に「館山わかしおトライアス...    
<記事全文を読む>