渋川市は伊香保温泉石段街が四月一日の二〇二〇年東京五輪・パラリンピック聖火リレー出発地となることを記念し、石段下広場の愛称を公募する。

 (渡辺隆治)

 聖火リレーは三月三十一日と四月一日の二日間、県内十五の市町村を三五・一キロ移動する。二日目は伊香保温泉石段街を出発し、食の駅ぐんままで渋川市内をリレー。沼田市や藤岡市を経て、高崎市が到着地となる。渋川市は広場などで出発式を行いたい意向。

 広場は同温泉の顔である石段街(三百六十五段)の直下にあり、広さ約千平方メートル。同温泉再生事業の一環として二〇一三年度に新設された。石段下広場や延伸部と呼ばれてきたが、親しみや...    
<記事全文を読む>