柔和な顔つきが、プールに入った瞬間にぐっと引き締まる。ボールを持てば一段と。水球男子日本代表に定着した今も「安泰ではない。競争していく」と強調。同種目の広島県出身者としては1984年ロサンゼルス大会代表の福元寿夫(宮島工高出)以来、36年ぶりの五輪舞台を目指す。

...    
<記事全文を読む>