関学大アメリカンフットボール部を率いて12度の学生日本一を達成し、今季限りで勇退する鳥内秀晃監督(61)。8日に兵庫県西宮市内で開かれた記者会見では「永遠に日本のフットボール界を引っ張ってほしい」と母校への強い愛情をにじませた。

 -28年間を振り返って。

 「忙しかったですよ。シーズン終わった瞬間から来季のこと考えてますから。家業もあるんで休んでいる暇がなかった」

 -このタイミングでの退任理由は。

 「(母校には)これから5年、10年、20年、永遠に日本のフットボール界を引っ張ってほしい。年齢を重ねる中で若い子に引き継いでいかなければ...    
<記事全文を読む>