日本中が相手を応援しているのではないか。そう思えても仕方なかっただろう。相手は五輪5連覇が懸かる国民的ヒロインで、指導者からのパワハラ騒動を経て復活を期していた。レスリング女子57キロ級の川井梨紗子(25)が伊調馨(35)=ALSOK=との五輪代表争いで、いかに心の重い日々を送っていたか。

 しかし、最終決着となった2019年7月の世界選手権代表選考プレーオフ。幾度もタックルのモーションを見せ、揺さぶりをかける。組み合えば、腰を落として前に押し出る。6分間の試合の冒頭から、明らかに川井梨の闘争心は伊調を上回っていた。

 18年12月の全日本選手権で敗れた直後は、...    
<記事全文を読む>