旭川市が東光スポーツ公園内に建設していた武道館が完成した。柔道や剣道の試合場が3面取れる広さがあり、市有施設では3カ所目となる本格的なトレーニング室も備える。4月にオープン予定で、市によると旭川初の武道の専門施設が誕生する。

 武道館は鉄骨造り平屋、床面積3千平方メートル。2018年6月に着工し、昨年12月に完成した。総工費は約15億円。市によると、家具のマチらしく、床や壁に道産材を使い「ぬくもりのある空間」を演出したという。

...    
<記事全文を読む>