室蘭市だんパラスキー場(香川町)が7日、今季の営業を始めた。待ち焦がれた初日とあって子どもから大人まで多くの市民らが訪れ、ゲレンデには歓声が響いていた。

 この日は、室蘭スキー連盟のスキースクールの受講生約30人がゲレンデへ。インストラクターの指導を受けながら練習に励んだ。初めてスキーを経験した小林雅典君(6)は「うまくターンしながら滑り降りて、最後はぴたっとかっこよく止まれるようになりたい」と張り切っていた。

 今季は全道的な雪不足の影響を受け、当初予定していた12月21日のオープンからずれ込んだ。1月3日からはスキー場を運営する室蘭リゾート開発の従業員が、付...    
<記事全文を読む>