昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会以降で初めてとなる国内最高峰のトップリーグ(TL)が12日に開幕する。胸に桜を着けて、「ワンチーム」で初の8強入りを果たした代表勢も各チームに合流。プライドを懸けた真剣勝負を控え、パナソニックワイルドナイツの新主将、フッカー坂手淳史に意気込みと今季への思いを聞いた。

 ―日本がW杯準々決勝の南アフリカ戦で敗れた後、パナソニック首脳陣から新主将就任を打診された。
 頼まれたからには断る選択肢はなかった。だが、すぐに返事はできなかった。目指すチームの姿や自分の役割について考え、答えをまとめておきたかった。打診から1...    
<記事全文を読む>