2020年東京五輪に向けて静岡市内で1~2月、中国のテコンドーチームが強化合宿を行うことが、6日までの関係者への取材で分かった。同市駿河区のツインメッセ静岡で選手とスタッフの計約50人が合宿に臨む。
 合宿期間は1月中旬から2月5日までの約3週間。チームは同市内に滞在し、1月16日から練習する予定。
 中国のテコンドーチームは当初、東京都内のテコンドー協会などと連携し、都内での強化合宿を予定していた。しかし、19年秋、強化方針を巡って全日本テコンドー協会とトップ選手の対立が表面化。チームの都内での長期合宿実施も難しくなったという。
 新たな合宿地を探すチー...    
<記事全文を読む>