東京五輪の開会式(七月二十四日)まで二百日前となった六日、JR関内駅南口の横浜市庁舎前(同市中区)に、開会式までの日数を表示する「デイ・カウントダウンボード」=写真=がお目見えした。

 記念セレモニーで林文子市長や横山正人市議会議長らが除幕を行い、藍色の五輪エンブレムなどがあしらわれたボードに「200日」の表示が現れた。

 県内では、同市で野球とソフトボール、サッカー、藤沢市でセーリング競技が行われるほか、相模原市と山北町が自転車ロードレース競技のコースの一部になっている。

 (杉戸祐子)

...    
<記事全文を読む>