小池百合子知事は仕事始めの6日、都議会議事堂で職員に新年のあいさつを行った。東京五輪・パラリンピックに向けて「都庁一丸となり、関係者ともしっかり連携しながら、ワン・チームとなって成功へと導きましょう」と呼び掛けた=写真。

 (石原真樹)

 この日は開幕までちょうど二百日。「競技会場の整備は着実に進み、街なかも日に日に祝祭ムードも高まってきた」として、「日本中、世界中の期待が東京に寄せられる。その責任の重さに改めて身が引き締まる思い」と語った。

 職員の働き方改革にも言及。「家族・友人と過ごす時間を大切にする、趣味に没頭するなど、仕事以外の時間も充実させることが人と...    
<記事全文を読む>