ホッケー女子で世界ランキング一位のオランダ代表チームが、今夏の東京五輪の事前合宿先として、各務原市下切町の川崎重工ホッケースタジアム(県グリーンスタジアム)を選んだことが分かった。「五輪仕様」への施設改修など、県が進める誘致策が実った。各務原を「ホッケーの聖地」として、世界にアピールする好機となりそうだ。

 オランダ女子は、二〇一八年のワールドカップで優勝。東京五輪の金メダル最有力候補とされている。県には昨年十一月、オランダ王立ホッケー協会から合宿地決定の通知があった。期間は七月七~十七日。選手、コーチ、スタッフら約三十人が岐阜市内のホテルで宿泊し、スタジアムでトレーニング...    
<記事全文を読む>