川勝平太知事は六日の新春会見で、二〇二〇年東京五輪・パラリンピックの開催に合わせて、二〇年度に県文化・観光部を「県スポーツ・文化観光部」に改称する考えを明らかにした。

 文化・観光部は現在もスポーツ分野を所管。知事は「名は体を表す。スポーツが際立つ形で、格上げしたい」と説明した。

 指導者育成や施設整備の必要性に言及し、「自転車やゴルフ、野球、武道などあらゆる競技に裾野を広げ、アスリートの意見に耳を傾けたい」と述べた。

(三宅千智)

...    
<記事全文を読む>