道内で記録的な少雪が続き、冬のスポーツ大会やイベントに影響が出ている。スキー大会の会場変更や延期が相次ぎ、開幕まで1カ月を切った「さっぽろ雪まつり」の大通会場は、遠距離から雪を運ぶため、搬入作業を前倒しした。除排雪作業が冬の貴重な収入源となる建設業者は、あまりの雪の少なさに悲鳴をあげる。十勝管内では雪不足が要因とみられる「ちり煙霧(えんむ)」が観測され、交通に影響が出た。

 北海道スキー連盟は雪不足のため、14日に旭川市のカムイスキーリンクスで開く予定だった競技大会を、十勝管内上士幌町のぬかびら源泉郷スキー場に変更した。札幌市中央区のさっぽろばんけいスキー場ではモーグル競技...    
<記事全文を読む>