【オーストリア・インスブルックで運動部・斉藤大樹】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は4日、オーストリアのインスブルックで年末年始恒例のジャンプ週間第3戦を兼ねた個人第10戦(ヒルサイズ=HS130メートル)が行われ、小林陵侑(土屋ホーム、盛岡中央高)は122メートル、120メートルの合計229・8点で、今季ワーストの14位だった。

 インスブルックのジャンプ台特有の気まぐれな風に泣いた。14位の小林陵侑は警戒していた風に阻まれ失速。これまで総合得点首位を走っていたが、10人目となるジャンプ週間連覇に暗雲が漂った。

 ただ、自身のコンディショ...    
<記事全文を読む>