激しい波しぶきの立つ急流でターンを決めると、流れに逆らって上流へ。巧みなパドルさばきで、ゲートポールをすれすれで巻き込むようにくぐる。2019年10月、東京都江戸川区のカヌー・スラロームセンター。カヌー・スラローム男子カナディアンシングルで五輪2大会連続メダルを目指す羽根田卓也(32)は選考レースで、まずは代表内定を勝ち取った。  コース脇の観客席から、その動きを目で追う車いすの男性がいた。左目は失明、右目の視野も狭い。五輪本番でも使われる全長200メートルほどの人工コースは流れが複雑で、第一人者でも油断ならない。男性は少しでも後押しできればと、懸命に羽根田の姿を捉え、声援を送った。レ...    
<記事全文を読む>