熱気に包まれた体育館で、伊藤享子(きょうこ)さん(59)=鎌倉市=は観客席の後ろに立ったまま、試合中の長女槙紀(まき)さん(35)の姿を一心に追っていた。ポイントが決まると手をたたき、時折「よしっ」と声が漏れる。

 横浜市内で昨年十一月三十日、十二月一日の二日間開かれた「パラFIDジャパン・チャンピオンリーグ卓球大会」。日本知的障がい者卓球連盟が主催する大会の一つで、女子はトップ選手八人の総当たり戦で頂点を競った。

 同六月の「チャンピオンシップ卓球大会」は優勝した槙紀さんだが、この大会は四位だった。閉会式を待つ会場では、他の選手や指導者らが親しげに二人に声を掛...    
<記事全文を読む>