2020年は東京五輪・パラリンピックイヤー。岡山県内では事前キャンプの誘致が相次ぎ、パラ競技を含めて岡山市で8件、倉敷市で1件が決定している。練習やサポートの環境などが評価された形だが、チームの体制やキャンプの期間が直前まで決まらないケースも想定されるため、受け入れ側は柔軟に対応できるよう準備を進めている。

 「いろいろな設備が整っており、素晴らしい」。19年12月中旬、岡山商科大ウエートトレーニング場(岡山市北区津島京町)で強化合宿に励んだパラ・パワーリフティング台湾女子代表のリン・ヤー・シュエン選手(43)が笑顔を見せた。

 合宿中に、シ...    
<記事全文を読む>