福岡市に、56年ぶりの東京五輪を待ち焦がれる「いだてん」がいる。久保宜彦(のりひこ)さん(83)=同市早良区=は、6人の選手が一斉にスタートする瞬間を捉えた1964年東京大会公式ポスターで、モデルの1人を務めた。短距離走者として目指した東京の舞台には届かなかった。だが、まだ寒い春の夜、黙々とスタートを切り続けたあの日は、五輪と自身を結びつけるかけがえのない思い出だ。

 62年3月31日、東京・国立競技場。日没後の暗闇が濃くなる中、6人の選手がスタート位置に着いた。日本人は3人。東京急行電鉄(現東急)に所属していた久保さんら実業団の短距離ランナーだ。外国人3人は米軍立川基地か...    
<記事全文を読む>