東京五輪が7月に、パラリンピックが8月に開幕する。力と技を磨き上げたアスリートたちが躍動する、4年に1度の祭典だ。応援したり支えたりと、地元ゆかりのアスリートの心身を育んできた人たちの物語を紹介する。

     ◇

 「美南(みな)ちゃんに会いたくて通ってる」-。こう話す女性が何人も足しげく通うスポットが川崎市麻生区の小田急線新百合ケ丘駅前にある。女子サッカー日本代表「なでしこジャパン」のストライカー田中美南選手(25)がインストラクターをしているスポーツクラブ「ティップネス新百合ケ丘店」だ。

 昨シーズンのなでしこリーグで五連覇を果たした日テレ・ベ...    
<記事全文を読む>