いよいよ今夏に迫った二〇二〇年東京五輪・パラリンピック。県内からも選手はもちろん、指導者やOB、運営スタッフ、市民ら多彩な面々が関わる世界的なスポーツの祭典だ。さまざまな競技を盛り上げる埼玉ゆかりの人々を「プレーする側」と「支える側」の両面から紹介する。

     ◇

 釜本邦茂さん、川淵三郎さん…。今に続く日本サッカー隆盛の礎を築いたスター軍団の中に、鈴木良三さん(80)=所沢市=もいた。

 立教大四年だった一九六一年、日本代表に抜てきされた。相手エースに絡み付いて仕事をさせない、地味だが、チームに欠かせない役割を担い続けた。六四年の...    
<記事全文を読む>