聖火ランナーに選ばれた相模原市立新磯小学校教諭の津田桂(かつら)さん(54)=同市南区=は、東西冷戦下に日本がボイコットした1980年モスクワ五輪の「幻の代表」の一人だ。二度とスポーツが政治に屈しないよう、子どもたちが同じ悔しさを味わわないよう、平和を願い、走るつもりだ。

 小学2年から体操を始め、全国中学生大会で優勝。その翌年、高校1年でモスクワ五輪代表に決まった。

 だが、東西冷戦が津田さんの夢を砕く。ソ連のアフガニスタン侵攻に抗議する米政権がボイコットを主導し、日本政府の強い意向を受けた日本オリンピック委員会が不参加を決めた。
<記事全文を読む>