東京五輪・パラリンピックの銅メダル作り、大分が関わっていた! 銅製錬で世界最大級のパンパシフィック・カッパー(PPC)佐賀関製錬所=大分市佐賀関、JX金属グループ=は、2020年東京五輪・パラで選手に授与される全ての銅メダルの原料を製錬した。全国各地から使わなくなった小型家電を集め、リサイクルする大型プロジェクトの一環。PPC佐賀関は「世界に技術力を発信できる」と喜んでいる。
 東京五輪・パラを持続可能な社会づくりにつなげようと、大会組織委員会が「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」を17年4月に始めた。およそ2年間で全国の自治体や家庭などから使用済みのゲーム機、...    
<記事全文を読む>