新国立競技場(東京都)のフィールドから見上げる空は何色だろう。
 走り幅跳びのスタートラインから、「私」を支えてくれた人たちの顔は見えるだろうか。友人、スポンサー、家族…。みんなの声は聞こえるだろうか。
 全てに報いるために走り、跳び、かけたい。今夏の東京パラリンピックで日の丸を背負う中西麻耶(34)=由布市庄内町=は自分に負けたくない。
 「世界新記録で金メダルを取る。それが目標です」

 21歳だった。勤め先の塗装会社で作業中、崩れ落ちた鉄材の下敷きになり、右膝から下を失った。
 2年後の2008年大分国体で...    
<記事全文を読む>