■父が代理で出席

 上田は米ハワイで合宿中のため表彰式を欠席し、代理で父の功一さん(64)がグリーンハットを受け取った。「娘は受賞を大変喜んでいた。九州の歴史ある賞を頂けるのは本当に光栄」と笑みを浮かべた。

 昨年は3月のTポイント×ENEOSと6月のヨネックス・レディースを制し、賞金ランク9位。若手が躍進する中で意地を見せた。功一さんは「昨年はオフのトレーニングから追い込んでいた。若い選手に負けられないという気持ちを感じた」と振り返る。

 今年の目標は2007年以来、2度目の賞金女王。東京五輪出場も「状況は厳しいが、可能性がある限りベスト...    
<記事全文を読む>