東京マラソン(3月1日、東京新聞など共催)の主催者は28日、招待選手として2時間5分50秒の男子日本記録を持つ大迫傑(ナイキ)、前日本記録保持者の設楽悠太(ホンダ)、前回覇者で2時間2分48秒の自己記録を持つビルハヌ・レゲセ(エチオピア)、2度の大会優勝を誇るディクソン・チュンバ(ケニア)らを発表した。

 東京都内で行われた記者会見に出席した設楽悠は「五輪が懸かっていると考えていない。いつも通り攻めのレースをする」と強調。2時間2分台を想定するペースメーカーに付いていくことに意欲を見せ、「日本記録を更新しないと話にならない。その先に2時間4分台がある」と高い目標を掲げた。大...    
<記事全文を読む>