東京五輪女子代表の残り1枠を争う大阪国際女子マラソンは26日、大阪市のヤンマースタジアム長居発着で行われ、2018年大会覇者の松田瑞生(ダイハツ)が日本陸連の設定記録(2時間22分22秒)を突破する2時間21分47秒で2度目の優勝を果たし、五輪代表に前進した。日本歴代6位のタイム。松田は昨年9月の五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)で4位だった。

 3枠の五輪代表は既に2人が決定しており、3月8日の名古屋ウィメンズ(中日新聞社主催)でこの日の松田がマークした2時間21分47秒を上回る選手がいなければ、松田が3人目となる。

 松田は31キ...    
<記事全文を読む>