東京五輪女子マラソン代表の最後の1枠を懸けた大阪国際女子マラソンが26日、大阪市のヤンマースタジアム長居を発着するコースで行われ、5大会連続の五輪出場を目指す青森県板柳町出身の福士加代子(37)=五所工出、ワコール=は25キロすぎに途中棄権した。

...    
<記事全文を読む>