2、3日に行われた第96回東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)で、総合優勝を果たした青山学院大の8区を走った岩見秀哉選手(20)が20日、出身の兵庫県市川町の岩見武三町長を表敬訪問した。「沿道から下の名前で呼んでくれるので、地元の方の声援はすぐ分かる。力になった」と話し、さらなる飛躍を誓った。

 岩見選手は同町出身で鶴居中、須磨学園高を経て青学大に進学し、現在3年生。自身2度目となる今年の箱根駅伝は区間賞にわずか1秒差の快走で総合優勝に貢献した。

 昨年の箱根駅伝は低体温症を発症するなど失速。この1年間はけがに苦しみ、「陸上をやめたいと思うこともあった」という。出...    
<記事全文を読む>