第25回全国都道府県対抗男子駅伝は19日、広島市平和記念公園前発着の7区間、48キロで行われ、長野が大会新記録の2時間17分11秒で3年ぶりに制覇、自県の持つ最多優勝回数を8に伸ばした。
 長野は中学生区間の6区で吉岡(川中島中)が区間新記録でトップに躍り出て、最終7区の中谷(早大)が逃げ切った。
 2~6位の兵庫、埼玉、佐賀、静岡、茨城も従来の大会記録2時間18分43秒を上回る高速レースとなった。昨年東北勢で初優勝し、連覇を狙った福島は序盤の出遅れが響いて14位だった。
 8大会ぶりの入賞を目指した大分は1区の3位発進を生かせず、2時間22分19秒で37...    
<記事全文を読む>