19日に広島市で行われる第25回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会。18日同市で行われた開会式では、選手らが「駅伝王国ふくしま」の誇りを胸に連覇に向けて士気を高めていた。本県チームは山口智規(学法石川高1年)が旗手を務めた。

 「目指すは区間新記録」。昨年に続きアンカーを務める「学生最強ランナー」の相沢晃(東洋大、学法石川高卒)が宣言した。「序盤から攻撃的な走りで、記録は36分台を狙う」と語った。

  ...    
<記事全文を読む>