第25回全国都道府県対抗男子駅伝は19日、広島市の平和記念公園前を発着点に7区間48キロのコースで開かれる。佐賀県チームは全国大会出場経験がある実力者をそろえ、10位台を目指す。

 1区(7キロ)の高校生区間は県内トップのスピードを誇る杉(鳥栖工高)が担う。終盤での競り合いに強く、上位でたすきをつなぎたい。

 中学生区間の2区(3キロ)は、九州中学体育大会3000メートル優勝の笠原(多久東部中)が持ち味のスピードで押し切る。

 昨年アンカーを務めた古賀(安川電機)は3区(8・5キロ)に起用される見込み。元日のニューイヤー駅伝ではエース区間の4区を任さ...    
<記事全文を読む>