19日号砲のひろしま男子駅伝に向け、47都道府県チームが17日までに広島入りした。地元広島は広島市西区のコカ・コーラ広島スタジアムで練習。けがによるエントリー変更で出場する見込みとなった2選手も合流し、目標の上位入賞へ向けて汗を流した。2連覇が懸かる福島や三重、埼玉などの有力チームも、レース本番への準備を整えた。

 広島は虎視眈々(こしたんたん)と上位を狙う。年末年始の駅伝で快走した相葉直紀(中電工)と新谷紘ノ介(世羅高)が、故障の2選手に代わってメンバー入りし、合同練習に合流した。勢いのある選手がそろい、前回の4位超えを視界に入れる。

 故障した藤川拓也(中国...    
<記事全文を読む>