第25回全国都道府県対抗男子駅伝が19日、広島市平和記念公園前発着の7区間48キロで行われる。群馬は高校世代に全国トップレベルの選手がそろい、一般はSUBARU(スバル)のルーキー、清水歓太(中央中等出身)ら若い顔触れで、7年連続の入賞を狙う。

◎高校生区間が鍵
 入賞への鍵を握るのは、全7区間のうち、3区間(1、4、5区)を占める高校生。奥谷亘監督は「例年より全体の選手層は薄いが、高校生はかなり強い。3区間全員が力を発揮したときに結果がついてくる」と期待を寄せる。

 【男子】
▽監督 奥谷 亘
▽選手
<記事全文を読む>