東京五輪のマラソン女子代表に内定した豊橋市出身の鈴木亜由子選手(28)=日本郵政グループ。単独インタビューの後半は、世界に羽ばたく礎を築いた地元での経験、将来ある後輩アスリートたちへのエールなどを紹介する。

 -今、練習拠点は東京ですが、地元豊橋での思い出の練習スポットはどこですか

 まずは豊橋公園(豊橋市今橋町)ですね。実家から近いので、公園にある野球場の周りを走っていました。祖父が健在だった頃は、後ろから自転車で走って付いてきてくれた。思い出が詰まっています。だから、実家に帰ったときは、体を動かしに豊橋公園へ行って、走っています。

 あとは、高校...    
<記事全文を読む>