第38回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会は12日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に9区間42.195キロで行われ、昨年より順位を10上げた本県チーム。3区・三科文(西郷一中3年)と8区・小野真緒(勿来一中3年)の中学生コンビの好走がその原動力となった。区間5位の走りで、順位を七つ上げた三科は「中学最後の大会で結果を出すことができてうれしい」と喜ぶ。

...    
<記事全文を読む>