京都市の西京極陸上競技場(たけびしスタジアム京都)を発着点に十二日に開かれた全国都道府県対抗女子駅伝(九区間、42・195キロ)で、県勢は2時間23分03秒で二十九位となり、前回の三十三位から四つ順位を押し上げた。

 力のある実業団選手らがひしめく一区は、福岡出身で初めて三重のユニホームを着た松本夢佳選手(デンソー)が集団の後方についた。中盤からペースを上げたが及ばず、二十五位でたすきをつないだ。「上位で渡せなかった」と悔やんだ。

 二区で順位を三つ落とすも、三区の沢井風月選手(嬉野中三年)と四区の川北陽菜選手(デンソー)が区間上位の好走で順位を十八位に押し上げ...    
<記事全文を読む>