第三十八回全国都道府県対抗女子駅伝が十二日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点とする9区間42・195キロの市街地コースであり、県選抜は2時間27分11秒で43位だった。

 1区の大同美空選手(岩谷産業)はレース中盤までの30位台から、後半追い上げて26位でたすきをリレー。2区の真柄碧選手(資生堂)も区間21位と好走し、3区の清水瑠愛選手(鯖江市中央中3年)も自己ベストに迫る力走を見せた。7区まで30位台にとどまり粘ったが、徐々に順位を落とし、目標の30位台前半には及ばなかった。

 大同選手は「選手全員が最後まで諦めなかった」と振り返った。堀真浩監督は「中高...    
<記事全文を読む>