京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に十二日開かれた第三十八回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会(九区間、42・195キロ)で、県勢は2時間21分32秒で20位だった。昨年は優勝し今回も期待されたが、連覇を逃し、十一年連続の入賞にも届かなかった。

 1区は荘司麻衣選手(デンソー)が上位グループに離され、28位。2区の小笠原安香音選手(豊田自動織機)も追い上げを果たせなかった。

 3区の田島愛梨選手(横須賀中)が25位まで順位を上げると、4区の吉川侑美選手(ユニクロ)が区間7位と地力を発揮し総合21位に。5区の磯部早良(安城学園高)、6区の阪井...    
<記事全文を読む>