【京都=綱島徹、中里圭秀】第38回全国都道府県対抗女子駅伝は12日、京都市のたけびしスタジアム京都発着の9区間、42.195キロで行われ、群馬は2時間17分56秒の7位でゴール、2016年(3位)以来4年ぶりの入賞を果たした。4区を終えて17位と遅れたが、中盤以降の5区間で高校生、社会人の4人がそろって区間1桁台の好タイムをマーク、上位チームを追い上げた。

 京都が2時間16分15秒で3年ぶり17度目の優勝。ヤマダ電機の田崎優理は宮崎のふるさと選手として2区(4キロ)を走り、12分32秒で区間賞に輝いた。

 【群馬 個人成績】
▽1...    
<記事全文を読む>