◆第38回全国都道府県対抗女子駅伝(たけびしスタジアム京都発着=9区間、42・195キロ)

 1区(6キロ)を走った広中璃梨佳(長崎・日本郵政グループ)が18分39秒(速報値)で17年ぶりに区間記録を更新し、大会史上初となる5年連続区間賞を達成した。従来の区間記録は21回大会、山中美和子(奈良)の18分44秒。4年連続で区間記録は広中と1988~91年の石橋美穂(京都、すべて7区)、2006~09年の小林祐梨子(兵庫、すべて2区)。

 序盤から抜け出し独走。昨秋の世界選手権女子5000メートルで決勝に進出した田中希実(兵庫・豊田自動織機)らを振り切った。

...    
<記事全文を読む>