第38回全国都道府県対抗女子駅伝が12日、京都市のたけびしスタジアム京都発着の9区間、42.195キロで開かれる。昨年、一昨年と2年連続で10位台に入っている宮城県チームは各年代ともメンバーが充実。総合力で上位入賞を目指す。
 仙台育英勢は昨年の全国高校駅伝を制した5人を含む7人を登録。中学2年から5年連続で代表入りする清水は「高校日本一の流れを生かし、この大会も区間賞を狙う」と意気込む。中盤が有力視される木村梨も「調整は順調。後は全てを出し切るだけ」と力を込める。
 高校生からたすきを受けるのは、共に昨夏の全国中学大会1500メートルに出場した長坂と木村優。前回大...    
<記事全文を読む>