第38回全国都道府県対抗女子駅伝は1月12日、京都府京都市のたけびしスタジアム京都を発着点とする9区間42・195キロで行われる。福井県選抜は前半で流れをつくり、5年ぶりの30位台を目指す。

 1区(6キロ)は粘り強い走りをする大同美空(岩谷産業)が3年連続で担う。各チームのエースが集まる2区(4キロ)で、福井は5年前から高校生が走っていたが、経験豊富な真柄碧(資生堂)を配置する。鍵となる実業団選手2人で20位台につけ勢いに乗りたい。

 中学生区間は、3区(3キロ)を全国中学校駅伝で区間3位の快走を見せた清水瑠愛(中央3年)が担当する。8区(3キロ)は山口愛玲菜...    
<記事全文を読む>