鮮やかな身のこなし、鍛え抜かれた肉体、華麗なる技-。トップアスリートのプレーは、見ている人を魅了する。選手たちは掲げた目標に向かい、どうすれば強くなれるのかを考え、日々鍛錬を重ねている。2020年夏、東京で開かれる五輪。その舞台での活躍を期す兵庫ゆかりのアスリートが、競技の神髄や見どころ、自分自身の強みなどを語る。

 陸上女子中長距離界で目覚ましい活躍をみせる田中希実(20)=豊田自動織機TC、西脇工高出。2019年末には日本陸連の年間表彰式「アスレティックス・アワード」で新人賞に輝いた。間もなく成人式を迎えるホープは「陸上を楽しみながら」取り組んでいるという。(聞き手・金...    
<記事全文を読む>