第96回東京箱根間往復大学駅伝(2、3日)で総合3位に入った国学院大の2年生、殿地(どんぢ)琢朗さん(20)=高山市清見町出身=が6日、市役所を訪れた。10区アンカーとして同大史上最高成績でゴールテープを切った殿地さんは、國島芳明市長に活躍を報告した。

 殿地さんは、清見中学校時代は陸上部がなかったため野球部に所属。益田清風高校(下呂市)に進み、陸上部で本格的に競技を始めた。同大1年生だった昨年の箱根駅伝は、8区を走っている。

 殿地さんは今大会、5位でたすきを受けると驚異の走りで3位集団に追い付き、残り1キロでスパート。他校の走者を置き去りにして、そのまま3位...    
<記事全文を読む>