全国都道府県対抗駅伝大会(女子第38回=12日・京都市、男子第25回=19日・広島市)に出場する神奈川代表の結団式が5日、横浜市神奈川区の県立スポーツ会館で行われた。男子の館沢亨次(東海大)と女子の森田香織(パナソニック)が男女23選手を代表し「神奈川県民の誇りを胸に正々堂々、全力で走り抜く」と宣誓した。

 前回10位の男子は、正月の箱根駅伝6区で区間新記録を樹立した館沢が2年連続で主将を務める。一般は同じく箱根路を走った橋本龍一(順大)と、5000、1万メートルで今季の県内トップの記録を持つ三田真司(埼玉医大グループ)が担う。

 高校生は全...    
<記事全文を読む>