全国都道府県対抗駅伝大会に出場する和歌山県選手団の壮行会が5日、田辺市上の山1丁目の田辺スポーツパークであり、代表選手が健闘を誓った。女子は12日に京都府で、男子は19日に広島県で開かれる。

 コースは、女子が西京極総合運動公園陸上競技場を発着点とする9区間42・195キロ。男子は平和記念公園前を発着点とする7区間48キロ。男女とも中学生、高校生、一般・大学生の選手がたすきをつなぐ。昨年は女子23位、男子は過去最高の9位だった。

 今年の県選手団は女子13人、男子11人。紀南関係の選手は、女子が大木原礼彩さん(田辺市東陽中学校3年)、田辺市高...    
<記事全文を読む>