第66回徳島駅伝(徳島陸協、徳島県、徳島新聞社主催)第1日は4日、海陽町の宍喰橋から徳島市幸町の新聞放送会館別館前までの17区間、95・5キロの南方コースで3日間にわたるレースが始まった。オープン参加の名東郡を含む全16郡市がたすきリレーし、4年ぶりの王座奪還を狙う徳島市が5時間6分27秒で首位に立った。阿南市が4分39秒差で2位、4連覇を目指す鳴門市は4分55秒差の3位発進となった。 写真を拡大 写真を拡大  徳島市は高校生区間の1区を赤澤京弥が制して流れをつくると、社会人・大学生が長丁場で強さを発揮し区間賞を四つ獲得。総合順位で常に2位以上を保ち、10区以降は首位を譲らずゴールした...    
<記事全文を読む>