男子第25回、女子第38回全国都道府県対抗駅伝の本県代表選手結団式が4日、栃木市総合運動公園陸上競技場会議室で行われ、男女約20選手とコーチ陣が健闘を誓った。男子(7区間48・0キロ)は19日に広島県、女子(9区間42・195キロ)は12日に京都府で開催。ともに午後0時半スタート。

 結団式で栃木陸上競技協会の横松盛人(よこまつもりと)会長が「仲間への思いを胸に、ラグビーワールドカップ日本代表のような『ワンチーム』で頑張ってもらいたい」と激励。式後、選手たちは3000メートル走などに汗を流した。

...    
<記事全文を読む>