中央学院大6区の武川は陸上を始めてわずか10カ月。「まさか箱根のメンバーに入れるとは思っていなかった」と驚きながらも、憧れの舞台で区間5位と躍動した。
 当日の朝に起用を伝えられたが、心の準備はできていた。箱根の山下りにも焦らず自分のペースを保ち、目標の59分台を大きく上回る58分25秒でたすきをつないだ。「最後まで集中できた」と胸を張った。
 愛知県新城市出身。小学1年から島田樟誠高3年まで12年間野球一筋。高校2年時に観戦した箱根駅伝に魅力を感じ、大学から挑戦した。
 4月中旬までは仮入部だったが、5000メートルの記録会で15分8秒をマークし、入部条...    
<記事全文を読む>